KITAMI HAKKA TSUSHO Co.,Ltd. 株式会社北見ハッカ通商

Information:会社沿革

会社沿革
  • 1984年
    「ホクレン北見薄荷工場」閉鎖の翌年、現社長が家業の永田製飴から独立起業する。
    一斗缶15kgの原料から「ハッカ油ボトル」を発売、第一歩を踏み出す。
  • 1985年
    新社屋が完成し、有限会社北見薄荷通商として法人化。道東を中心に道内観光地、薬局、百貨店への販路拡大に動き出す。
    「ハッカ油スプレー」「ハッカ結晶」を発売。
  • 1989年
    「ペパーミントティー」発売。
  • 1993年
    株式会社北見薄荷通商へ組織変更。海外市場の開拓も始める。
  • 1995年
    「ハッカ飴」のPB化。
  • 1999年
    函館に営業拠点を置く。
  • 2000年
    道内上川町に施設テナントとして直営店舗を配置する。
  • 2001年
    上富良野に2店目の直営店を展開。
    新社屋が完成、現在地へ移転する。
  • 2003年
    馬油にハッカ油を配合した保湿クリーム「ミントクリーム」を発売。
  • 2004年
    「和種ハッカ」の試験栽培を始める。
  • 2006年
    本格的な和種ハッカの契約栽培を開始。道内企業とタイアップし、地場産原料を利用した製品の研究開発を始める。
  • 2008年
    地場産原料を活用した初の商品「サボン・デ・メンタ」を発売。
  • 2009年
    清涼菓子「メンタブ」を発売。
  • 2010年
    創業25周年。記念事業として、本社内に蒸留釜を設置する。
    入浴剤「セル・デ・メンタ」を発売。
  • 2011年
    札幌営業所設立。
  • 2012年
    地場産原料を使用した「Menbis」(ミントビスケット)を発売。
  • 2013年
    北見産精製メントール、精製オイル完成。
  • 2014年
    ウォッシュミント、オリジナル、ミントフェイス新発売。
  • 2015年
    創業30周年 現在に至る。

Page Top

  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • ホーム
  • お問い合わせ